NEW POST

静かな朝の街

f0361764_22000745.jpg

木骨組みの家の窓辺には、ゼラニウムがよく似合います。

f0361764_22005323.jpg

月曜の朝の静かな街。
あの屋根裏部屋の窓からは、どんな風景が見えてるかな。

f0361764_22024664.jpg

街の中心に向かう道は、緩やかな登り坂です。
まだヴァカンスで出かけている人も多く、雨戸が閉まっている家もあります。

f0361764_22035799.jpg

中心に向かって、さらに坂道は続き

f0361764_22043747.jpg

その中心にあるカテドラルの鐘楼がちらっと見え

f0361764_22205184.jpg

そこから視線を下ろすと、窓辺にアジサイ。
窓辺のアジサイというのも素敵なものですね。

f0361764_22212660.jpg

赤く見えるのは、モクゲンジのさく果。
本来はこげ茶のはずですが
猛暑のせいで焼けて赤くなってしまったのかもしれません。

f0361764_22235962.jpg

その先には、ツタバウンランの小道が続きます。

f0361764_22223037.jpg

壁や塀の上

f0361764_22243667.jpg

そして、道の端にも広がっています。

f0361764_22245416.jpg

周りの家の色にしっくりと溶け込んでいるカテドラル。

f0361764_22253792.jpg

さっき見えていた鐘楼の天辺には
雄鶏ではなく、ペリカンの彫刻が乘っています。
ペリカンが飾られているのは、ここのカテドラルだけだそうです。

f0361764_22261039.jpg

涼を求めて中に入ると
セイタカアワダチソウらしき黄色い花が飾られていました。

f0361764_22281472.jpg

黒い実が増えていました。

f0361764_22290641.jpg

艶々とした美しい黒い実は、射干玉の実を思い出させます。

f0361764_22300457.jpg

何本か並んでいるうちの1本には、まだたくさん赤い実がついていました。

f0361764_22314873.jpg

青空の下に悠々と枝を伸ばしているのは、桐の木。

f0361764_22324844.jpg

5月に咲いていたあの薄紫の花が実になったのです。

f0361764_22335442.jpg

実が付いたときの枝の姿も美しいですね。

f0361764_22345879.jpg

桐の広場から、我が町のシャンゼリゼ通りに出ると

f0361764_22364161.jpg

昨年だったかにできた電光掲示板に
今週末に行われるマレのお祭りの広告が出ていました。

f0361764_22374488.jpg

ほんのちょっとしか上がりませんが、花火が楽しみです。

f0361764_22383604.jpg

残暑にふ~ふ~言っていますが
街のウィンドウには、すっかり秋の服が並んで
暑さが増すような、涼しく思えるような、と考えているうちにくらくらしてくるぐらい
暑いです。

f0361764_22392826.jpg

毛のカーディガンやジャケットを見ると
これを自分で編んでみるのはどうだろうか…
と、暑くても
つい立ち止まってじっと見つめてしまうのです。^^

f0361764_22403019.jpg

編み物のことを考えながら歩き始めると
ああ、まだ夏は終わらない。

f0361764_22453604.jpg

サルスベリの花が輝いていました。

f0361764_22465760.jpg

1本だけ花の色が違います。

f0361764_22565120.jpg

「今日も34℃まで上がって、厳しい残暑でした。
あたしは、ささっと短い散歩で、涼しい家に帰ります~」
U^I^U*

マレにも涼しいうちにささっと行って帰ってこなくちゃね。
この暑さは、木曜日ぐらいまでで収まるらしいです。 ^^




[PR]
by echalotelle | 2017-08-29 05:22 | 植物のアルバム

liberte,amitie,illimite


by echalote
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30