NEW POST

3月3日のカテドラル

f0361764_00265409.jpg

カテドラルのファサードには、帆立貝の彫刻が見られる。

f0361764_00320408.jpg

修復された部分なので、他の部分よりも白くなっている。

f0361764_00321823.jpg

3月3日の朧げな空の下

f0361764_00324347.jpg

カテドラルの存在は、変わらず大きくどっしりとしており

f0361764_00330322.jpg

そして、彫刻の細部は非常に繊細で

f0361764_00340419.jpg

その鐘楼には、鳥たちが群がっていた。

f0361764_00361232.jpg

外の薄暗さに比べ、中は思ったより明るく

f0361764_00362946.jpg

ステンドグラスがすっきりと見えた。

f0361764_00364949.jpg

供えられている花にも春が訪れている。

f0361764_00370327.jpg

明るい光を集めている場所は、いつも同じだ。

f0361764_00371754.jpg
 
あの場所は、もちろん気になる。

f0361764_00373073.jpg

今日は、光が足りないな。

f0361764_00382087.jpg

黒い影の中に薔薇窓がきれいに浮き上がる。

f0361764_00391159.jpg

屋根の足場は、さらに複雑になってきているようだ。
修復作業は、足場を作るだけでも大変な作業である。

f0361764_00395570.jpg

雨どいのガルグイユ gargouille がきれいに並んで
口を開けている。

f0361764_00401217.jpg

今年も春の嵐に耐える石の芸術である。

f0361764_00402428.jpg

帰り道、久しぶりに城壁の散歩道を通ってみた。

f0361764_00404002.jpg

整備された道は、相変わらず味気ないけれど

f0361764_00405104.jpg

一本だけ木の苗が植えられていた!
これは、とてもいいこと!!
さて、なんの木であろう。

この木の成長を楽しみに、またこの道をしばしば通ることにしよう!



[PR]
by echalotelle | 2017-03-05 23:25 | 日常の特別

liberte,amitie,illimite


by echalote
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31