NEW POST

極寒の日のマレ散歩

f0361764_20205673.jpg

17日の午後のマレ散歩は
少々怖いもの見たさのような気持ちで
この寒い日のマレの様子はどんなだろうという思いで歩きだした。

f0361764_20222760.jpg

「バリバリだね!」

f0361764_20224192.jpg

確かにバリバリだ。

f0361764_20232849.jpg

太陽も寒いのか、雲のマントを纏っていた。

f0361764_20263594.jpg

すっきりとした冷たい空気が心地よい。

f0361764_20265833.jpg

数少ない散歩者は、大いに着込んでまるまるとしている。

f0361764_20375480.jpg

目が覚めるようなくっきりとした木々やその影の輪郭

f0361764_20382651.jpg

日本の真冬の低山を思い出す。

f0361764_20385766.jpg

カモの目が非常に真剣なのは、この寒さのせいだろうか。

f0361764_20482375.jpg

「カモたちも大変だね」

f0361764_20492495.jpg

土手に出ると、西風が冷たい冷たい。

f0361764_20485020.jpg

氷の粒が混じっているように感じる風である。

f0361764_20500183.jpg

これだけさざ波が立つというのは、結構風があるということ。

f0361764_20503157.jpg

体感温度はどのくらいだろう。

f0361764_20513175.jpg

植物にとっては、先の季節の花や果実のために
この寒さが役に立つのだろうけれど
動物にとっては辛いだろうな。

f0361764_20515184.jpg

顔が痛くなってくる。

f0361764_20524600.jpg

かっちゃんのように顔に毛がいっぱいあると
寒くても顔がいたいということはないんだろうな。

f0361764_20530520.jpg

カテドラルの屋根が眩しい。

f0361764_20532533.jpg

おお、冬の晴れた日の川の色の美しさよ!
詩人のように叫びたくなる。

f0361764_20545296.jpg

川面に映った雲が震えている。

f0361764_20565689.jpg

先日の嵐で倒れた木が川を塞いでいたところには
木が見当たらなかったので
市の人がもう片づけたのだなと思ったのだが

f0361764_20562790.jpg

下流の方に流されたようだ。

f0361764_20572736.jpg

土手の木に縛り付けられていたので、これ以上は流れていかないだろう。
かなりの大木、片づけるには人でも重機も必要だ。

f0361764_20581140.jpg

極寒の日の美しいマレ

f0361764_20582775.jpg

f0361764_20594340.jpg

f0361764_21011830.jpg

f0361764_21024413.jpg

何度も振り返りながら、前へ進んだ。

f0361764_21032854.jpg




[PR]
by echalotelle | 2017-01-18 21:30 | 植物のアルバム

liberte,amitie,illimite


by echalote
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31