NEW POST

革命記念日の小鳥と蝶のお客さま


f0361764_01270378.jpg

7月14日、寒い朝。
Tシャツの上にフリースのジャケットを羽織ってマレまでやってきた。
こんな寒い革命記念日は、初めてじゃないかしら。

f0361764_01274857.jpg

我が島ではエゾミソハギが風に大きく揺れて
まるで秋になってしまったみたい。

f0361764_01281715.jpg

堂々としているポプラは、革命記念日のパレードに胸を張って参加しているよう。

そのポプラの天辺から下に視線をおろすと

f0361764_01285693.jpg

我が竿の先に、一羽の鳥が止まっている。

f0361764_01291668.jpg
 
楽しそうによく歌ってる!

f0361764_01294402.jpg
 
とても小さくて人懐こいこの小鳥は
たぶん、ヒタキの一種かな。

f0361764_01301161.jpg

「かっちゃん、ボンジュー♪」

f0361764_01310017.jpg

水遊び中のかっちゃんには、小鳥の挨拶は聞こえないようです。

f0361764_01314962.jpg

カラーの大きな葉の上には、アカタテハ。

f0361764_01320747.jpg

今年はこの蝶をよく見かけます。

f0361764_01323248.jpg

かっちゃんの代わりに、小鳥や蝶をもてなしていたのは

f0361764_01324323.jpg
 
バラの花たち。

f0361764_01331357.jpg

バラにはちょうどいい気温なのか、きれいに静かに開いてくれています。

f0361764_01333184.jpg
 
野菜たは気温の変化にびっくりしているようではありますが

f0361764_01341094.jpg
 
ポルトガルズッキーニにも実のべべがようやくできてきました。

f0361764_01342928.jpg

島の端っこには、川を見つめている白い花。

f0361764_01351481.jpg

マシューマロウ
(ウスベニタチアオイ、ビロードアオイ、Guimauve savage ou Mauve blanche )

この花はいつの間にか、ここに咲くようになったけれど
どこかから種が飛んできたのだろうな。

f0361764_01361364.jpg

風に背中を押されて港に戻ります。

f0361764_01370185.jpg

ちょっと遊ぶ時間が足りなかったらしいかっちゃん、
どこか納得できない顔つきですね~ 
U^×^U*


革命記念日には特に「自由、平等、友愛」のことが頭に浮かびます。
なかなか実現が難しいから標語になっている自由、平等、友愛。
とにかくこれらのことを考えること、考え続けること
できることは実行していくこと
それを忘れないこと。

難しいことを考えることは面倒だと思うときが多いかもしれないけれど
考え続けることはとても大事なこと。

「人間は考える葦である」と言ったパスカルの国、フランスで
マレの葦を見ながらそう思う7月14日でありました。




[PR]
by echalotelle | 2016-07-14 23:14 | マレ仕事・マレ遊び

liberte,amitie,illimite


by echalote
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30