人気ブログランキング |
NEW POST

6月4日と5日の川の様子の記録

f0361764_00280828.jpg

3日の金曜日からは雨も止んで曇り空になったものの
ずっと洪水注意報が消えない我が県なので
川の水位を見守らないわけにはいかない。

f0361764_00281923.jpg

どうやら4日が増水のピークのようだったようで
11年住んでいて初めて見た高い水位であった。

f0361764_00283487.jpg

大きな橋の下と川の水の間の隙間が小さくなっていくのを見て
3日の夜と4日には
我が家も多少、対策を考えた方がいいかなと思い
1階のガレージ部分を見回して
靴や大事なものは少しだけど、上階に移動しておいた。

f0361764_00284587.jpg

我が家の前には堤防があるけれど
堤防のない反対側は
そのうち傍の家の方まで水が溢れるんじゃないかと思えるほど
岸のぎりぎりまで水が来ていて

f0361764_00285742.jpg

そこに係留してある舟には
流されないようにと持ち主が両側に杭を打っていた。

f0361764_00291475.jpg

橋の反対側では

f0361764_00292754.jpg

いつも静かに浮いているサンチアゴ号が
大きな波に揺れている。

f0361764_00293810.jpg

普段ちっとも流れのない川が
大河のようになっている。

f0361764_00300425.jpg

対岸公園へ通じるトンネルの入り口にも水が溢れていた。
これは、川の水が溢れてここまで来たのではなく
下から湧いてきたようだ。

f0361764_00302797.jpg

対岸公園の川岸には堤防がないので
静かに水が岸へ上がってきていた。

f0361764_00305772.jpg

いつもは、キショウブの生えている部分までが川だから
かなりの部分の岸が水を被っているのがわかる。

f0361764_00312045.jpg

かっちゃん、いくら水が好きでも
ここでは泳げませんよ。

f0361764_00313759.jpg

近所のお宅には、たいてい cave カーブと呼ばれる地下室があって
そこにワインなどを保管している人が多いのだけれど
地下室であるがゆえに
その地面から水が湧いてしまっているお宅も多いようで
何軒か地下室の通気口から
ポンプでくみ出した水をホースで外に流しているのを見かけた。

f0361764_00320888.jpg


姫りんご通り沿いの下のマレも
川と川の間の土地は、ずいぶんと浸水していた。

f0361764_00322784.jpg

写真の細長くなっている土地の間は
普段は島のようになっている部分だから
ここは、ほとんどが浸水してるのだな。

f0361764_00324607.jpg

住宅には被害が出ている話は聞かないので
それは安心できる材料である。

f0361764_00330815.jpg

ほんの少し緊張した4日の日ではあったけど
コクリコの生命力はすごいなと
赤い花を見上げる余裕はたっぷりとあった。

f0361764_00332317.jpg

そして、今日5日。
パッと見てすぐに
昨日より少し水が引いているのがわかった。

f0361764_00334725.jpg

一安心だ。

f0361764_00340438.jpg

すっかり水が引くまでには時間がかかるだろうけど
これ以上増水することはなさそうで
よかったなと思う今日であった。

f0361764_00341906.jpg



by echalotelle | 2016-06-05 23:25 | 日常の特別

liberte,amitie,illimite


by echalote
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30